● 音楽監督 宮川彬良 ● 芸術顧問 秋山和慶

 

音楽監督 宮川 彬良

「Shionは、私にとって、必要不可欠な音を出せる唯一無二の楽団」

私とOsaka Shion Wind Orchestraの出会いは、なみはや国体の時に書いたマーチング曲の演奏をCDで聴いたことがはじまりでした。
この演奏が本当に素晴らしく、私の表現したいことと一致していました。
やがて、一緒に演奏する機会が訪れ、最初の練習から、私の思い通りに表現してくれました。
音楽には、作曲者の意志が譜面に込められていますが、その演奏にはオーケストラとしての意志を感じることができました。
その後、互いに高め合い、音楽監督をさせて頂くに至り、いまや私にとってShionは必要不可欠な音を出せる唯一無二の楽団となりました。
Shionとの演奏では、その曲を書いた時の気持ちや、情景、音楽としての発見や驚きを改めて感じることが出来、想像以上の演奏を生み出すことができています。
この演奏をさらに高め、これからも、音楽の本質・感動を、このOsaka Shion Wind Orchestraと一緒に伝えていきたいと考えています。

 

Profile

1961年2月18日、東京生まれ。作曲家・舞台音楽家。

東京藝術大学在学中より劇団四季、東京ディズニーランドなどのショーの音楽を担当。その後、数多くのミュージカルなどを手掛け、舞台音楽家として地位を確立。代表作に「ONE MAN'S DREAM」「マツケンサンバ」「身毒丸」「欲望という名の電車」など多数。 また、日本全国で演奏活動も行っており、自身で作曲、編曲、指揮、ピアノ演奏、解説を行いながら進めるコンサートは、定評がある。
2003〜10年NHK教育テレビ「クインテット」、09〜10年NHK-BS2「どれみふぁワンダーランド」、11年〜NHK-BSプレミアム「宮川彬良のショータイム」の音楽を担当、出演。2012年〜アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」の音楽を手掛けている。 舞台、コンサート、テレビ、ラジオなど、多岐にわたるジャンルで活躍している。
2014年より、Osaka Shion Wind Orchestra音楽監督に就任。

 

秋山 和慶

「Shionの持つ価値を、演奏を通して、お客様に届けるのが、私の使命です。」

Shionは、90年の歴史と伝統を持ちながら、音楽をしたいというひたむきな情熱を常に感じるオーケストラです。
共に演奏するようになってから10数年。指揮をしていると、沸々とすごく熱のある音が出てくる。音楽的な技量は勿論のこと、演奏者間のコミュニケーションも成立していて、チームで絶妙なコンビネーションを魅せるオーケストラだと思います。
そして演奏会や教室を通して、子どもたちへの教育という面でもShionの貢献度は絶大です。音楽は単に教養だけではなく、人間の幅を広げ、人としての表現力を鍛えます。だからこそ、演奏を通して教育的な活動も積極的に行う、Shionとしての価値を今後も発揮していくことを願っています。

 

Profile

秋山 和慶

1941年生まれ。

故斎藤秀雄ものとで指揮法を修め、1963年に桐朋学園音楽学部卒業。
1964年に東京交響楽団を指揮してデビューののち同団の音楽監督・常任指揮者を40年間にわたり務める。

アメリカ響音楽監督、バンクーバー響音楽監督(現在桂冠指揮者)、シラキュース響音楽監督、 大阪フィル首席指揮者、札幌響首席指揮者/ミュージック・アドバイザーを歴任。2001年には旭日小紋章を受章した。

2003年より、Osaka Shion Wind Orchestraの芸術顧問として迎える。
2014年度文化功労者に選出。

楽団員

ダミー