● 音楽監督 宮川彬良 ● 芸術顧問 秋山和慶 ● 正指揮者 西村友

 

音楽監督 宮川 彬良

「Shionは、私にとって、必要不可欠な音を出せる唯一無二の楽団」

私とOsaka Shion Wind Orchestraの出会いは、なみはや国体の時に書いたマーチング曲の演奏をCDで聴いたことがはじまりでした。
この演奏が本当に素晴らしく、私の表現したいことと一致していました。
やがて、一緒に演奏する機会が訪れ、最初の練習から、私の思い通りに表現してくれました。
音楽には、作曲者の意志が譜面に込められていますが、その演奏にはオーケストラとしての意志を感じることができました。
その後、互いに高め合い、音楽監督をさせて頂くに至り、いまや私にとってShionは必要不可欠な音を出せる唯一無二の楽団となりました。
Shionとの演奏では、その曲を書いた時の気持ちや、情景、音楽としての発見や驚きを改めて感じることが出来、想像以上の演奏を生み出すことができています。
この演奏をさらに高め、これからも、音楽の本質・感動を、このOsaka Shion Wind Orchestraと一緒に伝えていきたいと考えています。

 

Profile

1961年2月18日、東京生まれ。作曲家・舞台音楽家。

東京藝術大学在学中より劇団四季、東京ディズニーランドなどのショーの音楽を担当。その後、数多くのミュージカルなどを手掛け、舞台音楽家として地位を確立。代表作に「ONE MAN'S DREAM」「マツケンサンバ」「身毒丸」「欲望という名の電車」など多数。 また、日本全国で演奏活動も行っており、自身で作曲、編曲、指揮、ピアノ演奏、解説を行いながら進めるコンサートは、定評がある。
2003〜10年NHK教育テレビ「クインテット」、09〜10年NHK-BS2「どれみふぁワンダーランド」、11年〜NHK-BSプレミアム「宮川彬良のショータイム」の音楽を担当、出演。2012年〜アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」の音楽を手掛けている。 舞台、コンサート、テレビ、ラジオなど、多岐にわたるジャンルで活躍している。
2014年より、Osaka Shion Wind Orchestra音楽監督に就任。

 

秋山 和慶

「Shionの持つ価値を、演奏を通して、お客様に届けるのが、私の使命です。」

Shionは、90年の歴史と伝統を持ちながら、音楽をしたいというひたむきな情熱を常に感じるオーケストラです。
共に演奏するようになってから10数年。指揮をしていると、沸々とすごく熱のある音が出てくる。音楽的な技量は勿論のこと、演奏者間のコミュニケーションも成立していて、チームで絶妙なコンビネーションを魅せるオーケストラだと思います。
そして演奏会や教室を通して、子どもたちへの教育という面でもShionの貢献度は絶大です。音楽は単に教養だけではなく、人間の幅を広げ、人としての表現力を鍛えます。だからこそ、演奏を通して教育的な活動も積極的に行う、Shionとしての価値を今後も発揮していくことを願っています。

 

Profile

秋山 和慶

1941年生まれ。

故斎藤秀雄ものとで指揮法を修め、1963年に桐朋学園音楽学部卒業。
1964年に東京交響楽団を指揮してデビューののち同団の音楽監督・常任指揮者を40年間にわたり務める。

アメリカ響音楽監督、バンクーバー響音楽監督(現在桂冠指揮者)、シラキュース響音楽監督、 大阪フィル首席指揮者、札幌響首席指揮者/ミュージック・アドバイザーを歴任。2001年には旭日小紋章を受章した。

2003年より、Osaka Shion Wind Orchestraの芸術顧問として迎える。
2014年度文化功労者に選出。

 

西村 友

Shionと見る夢

Shionと初共演してから4年の月日が流れました。それから今日まで、幾度となくステージを重ねました。
そのたびに僕は、このオーケストラの持つ底力と奏者の皆さんの高い技術と音楽性に驚き、助けられました。
しかし、まだまだ僕はこのオーケストラの本当のチカラの、その一角を垣間見たに過ぎません。
それは僕とて同じこと。これからさらにお互いの全力を見せ合い、ぶつけ合わなくてはなりません。
吹奏楽と言う音楽が他の音楽に比べて価値が低いように言われた時代はとうの昔に過ぎ去りました。
しかし、まだまだその魅力と可能性を存分に解き放っているとは言い切れません。少しでも、その深淵に迫りたい。僕はこのオーケストラの力を得て、一人一人の奏者の音楽とともに、もっと深いところまで泳ぎ進んでみたいのです。やりたいこと、やってみたいこと。夢も希望も妄想も広がります。このオケの皆さんとなら、聴き慣れた名曲も、最高峰の頂きに挑むような難曲も、きっと聴く人をとらえて離さない名演にたどり着くことが出来る、そう信じて今日も精一杯、全力でタクトを振ります。
どうか、これから生み出されていく名演に、ご期待ください。よろしくお願いいたします。

Profile

西村 友

東京音楽大学器楽学科に学んだ後、三枝成彰氏のオフィス・メイコーポレーションでアシスタントを務め指揮者として活動を開始。管弦楽、吹奏楽、合唱、ミュージカル、オペラ、バレエ、レコーディング、映像出演等、幅広い分野でタクトをとる。
2003年プロコフィエフ国際指揮者コンクール(サンクトペテルブルク)では本選に選出され、「熱く情熱的なその音楽と、明瞭で情緒に富む解釈は演奏者・聴衆ともに惹きつけるものがある」と評された。
舞台作品でのキャリアはオペラ・バレエ・ミュージカル等数多い。劇団四季ミュージカル『ライオン・キング』では初演から14年にわたって指揮を務めたほか、ミュージカル『家なき子』『グランド・ホテル』『ハウ・トゥ・サクシード』『スクルージ』等数多くの作品で指揮・アレンジを担当している。交響劇『船に乗れ』での指揮と編曲は「既存の枠を超えた新たな音楽と舞台の可能性を開拓した」と評され、メディアでも大きく取り上げられた。自身の作曲によるミュージカル『銀河鉄道の夜』(劇団ひまわり)は渋谷・池袋・大阪・横浜等で上演され成功を収めた。吹奏楽コンサート形式にアレンジした公演では音楽誌上でも絶賛され、CDも発売されている。オペラの分野でも、多くのクラシックオペラを手掛ける一方で、「キララ~南の国の雪女」「太陽の子」「ブラック・ジャック」(宮川彬良)等の新作にも積極的に参加している。近年では歌唱指導としてもその才能を発揮している。
管弦楽・吹奏楽でも多くの楽団に客演しているが、2013年、東京シティフィルと共演した「カルミナ・ブラーナ」「グロリア」は文化庁芸術祭の大賞を受賞した。

作曲家としても、室内楽作品・管弦楽・吹奏楽・映像・舞台作品等、多岐にわたって作品を発信し続けている。近年の吹奏楽作品では「バンド維新2014」委嘱作品『シュレーディンガーの猫』、2015年朝日作曲賞入選の2016年度全日本吹奏楽コンクール課題曲『ある英雄の記憶~“虹の国と氷の国”より』等が話題を呼んだ。オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラにもアレンジ作品等を提供している。

楽団員

ダミー